防災用品 コレは必須

防災用品を買う?

絶対に必要なものは何?

防災セットという非常用持出袋が販売されています。いざという時にすぐにそれを持って非難する、非難後に必要な最低限のものが袋に入っているというわけです。しかし、市販の非常用持出袋は本当にあなたが必要としているものが揃っているでしょうか?購入したからと言って安心せず、あなたに取って必要なものが欠けていないかよく中味を吟味して、不足の物は足しておきましょう。

非難してすぐに必要なものは水と食料、そして衛生品です。トイレットペーパーや赤ちゃんがいる場合は紙オムツ、女性には生理用ナプキンが必要です。またタオルはいろいろに使えて便利です。寒ければマフラーになります。何かを包んでおく風呂敷にもなります。大きさの様々なタオルを非常用持出袋に入れておくと何かと役に立ちます。メガネや服用中の薬も忘れないようにしましょう。

生命だけは、と思って非難する時には手ぶらでも逃げる事が大切ですが、生命が助かった後に必要なのは、お金であり、自治体から援助を受けるための身分証証明書などです。現金、クレジットカード、キャッシュカードを忘れずに。また、免許証と保険証は家族全員のコピーを取って非常用持出袋に入れておきましょう。

避難所での生活が続くようであれば、それに必要な物もでてきます。避難所では水、食料、毛布などは自治体や企業から配布され、一応食べ物と寝る場所は提供されますが、ライフラインがストップして水洗が使えないことからトイレの衛生状態が悪化するケースが多いようです。広い体育館などでの生活を余儀なくされる場合は、一家のパーティションを区切るための敷物やパーティションの間仕切りが欲しいものです。

避難所から自宅へ戻っての生活が可能であっても、ライフラインが復旧していなければ、調理や照明、暖房、水洗トイレが薙がせない場合やお風呂に入れない場合は衛生面で必要になるものがたくさんあります。

また、自治体や企業が自宅に非難している人を把握できない事から食料やその他の支援物資が届かない場合もありますから、支援の情報を積極的に集めましょう。

スポンサードリンク